Brandy Greenは、2012年8月31日にEFIの最高会計責任者に指名されました。2010年5月から2012年8月まで、当社の全社的な経理財務のバイスプレジデント(VP)を務めていました。

2008年10月から2010年5月までは、GPSソリューションの主要デベロッパー兼サプライヤーであったMagellan、Inc.で全社的な経理財務のVPを務めていました(同社は彼女の在任中にMitac Digital Corporationに買収されました)。2000年9月から2010年5月まで、Oracleの財務およびM&A担当VPを務め、60社以上の財務適性評価や統合を手がけました。

Oracleに加わる前は、eBay, Inc.のPayPal部門と、ナビゲーションソフトウェア会社Navteqで全社的な経理財務の責任者を務め、Navteqでは同社の株式公開に貢献しました。また、LAM Researchでもさまざまな役割を果たしました。その前の約10年間は、会計業務に従事していました。公認会計士であり、経営学の教養学士号をサンノゼ州立大学で取得しています。