2005年にEFIの最初の最高技術責任者(CTO)に任命されたGhilad Dziesietnikは、1995年の入社以来、数々の職務でEFIの成功に貢献してきました。長い間、EFIの技術戦略策定に携わり、彼のビジョンに基づくリーダーシップにより、EFIは、Fiery関連製品の枠を越えて、デジタルカラー印刷サーバーから印刷ビジネスオートメーションソフトウェアやインクジェットにいたる印刷テクノロジの幅広い分野でイノベーターとなることができました。

また、テクノロジの領域に30年以上携わってきた経験があります。CTOに就任する前は、EFIのVUTEkビジネスのシニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーや、EFIのAPPS(プロフェッショナル向けの高度な印刷ソフトウェア)ビジネスのシニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーを歴任しました。EFIのプロフェッショナル印刷ワークフローおよびテクノロジ担当バイスプレジデントも務めており、以前は同社のコアテクノロジ担当バイスプレジデント、その前はEFIのコアテクノロジのシニアディレクターやPDLおよび画像処理テクノロジのディレクターを務めていました。

グラフィックアート業界の技術的/科学的発展、特にデジタル印刷および多様なデータ印刷の領域での多数の特許やテクノロジ向上への多大な貢献により、栄誉ある2005 Robert F. Reed Technology MedalをPIA/GATF(Printing Industries of America/Graphic Arts Technical Foundation)から授与されました。

2000年には、規格間の相互運用性の向上によってデジタル印刷のテクノロジおよびサービスの普及とデジタル印刷インフラストラクチャの発展主導に注力する非営利の戦略的イニシアチブ、PODiの会長に選出されました。

EFIに加わってからは、QMSでのソフトウェアエンジニアリングのシニアディレクター、Xerox/Impactでのシニアリサーチエンジニア、Paradigm Geophysicsでのソフトウェアマネージャー、Scitex Corporationでのシニアソフトウェアエンジニアとしてのこれまでの経験を活かしてきました。

テルアビブ大学(イスラエル)の電気工学課程でE.E.(電気工学)およびM.S.C(理学系修士)の資格を取得しています。