Guy Gechtは、世界中の家内企業やパートナー企業のブランド、アイデア、イメージを活性化する次世代デジタルテクノロジを各企業が研究、考案、導入しているなかで、EFIのImaging of Things(モノのイメージング、アナログ処理からデジタルにいたるまでの任意の素材への印刷)の変革を進めています。

彼のリーダーシップの下でEFIは、自社のビジネスの100%をOEM業者から受けていたオフィス印刷から、現在はビジネスの約3分の2を直販または代理店販売が占める成長領域にあるデジタル印刷へと注力対象を移しました。過去4年間でEFIは平均12%の成長率を記録しています。2010年に彼は、前年4億ドルだったEFIの売上高を2016年までに10億ドルにするという目標を設定しました。それ以来毎年、EFIはその目標に向けて過去最高の売上高を記録しており、直近の2014年度末には7億9千万ドルの売上高を達成しました。

GuyがEFIに移籍したのは1995年です。2000年1月にCEOに指名されるまでは、社長を務め、その在任中にはEFIの最初の印刷ワークフローソフトウェア発売の陣頭指揮をとりました。1996から1999年までは、EFI最大の製品ラインであるFieryサーバー部門でエンジニアリング業務を主導し、終盤にはバイスプレジデント兼Fieryゼネラルマネージャーを務めました。

EFIに加わる前は、Interro Systemsでエンジニアリングディレクターを務め、ASPおよびApple Israelではソフトウェア管理の役職を歴任しました。5年間、イスラエルの国防軍(IDF)に将校として勤務し、エンジニアリング開発チームの管理に従事し、後にはIDFのハイテク部隊の責任者代理となりました。

イスラエルのベングリオン大学で数学およびコンピューターサイエンスの学士号を取得しています。

かつてはブリッジのイスラエルナショナルチームに所属し、ユース選手としてヨーロッパで2位、世界ジュニア選手権で世界5位に輝きました。2006年からはCheckPoint Software Technologiesの取締役を務めていました。

2015年には、グラフィックアート業界への卓越した貢献により、TAGA(Technical Association of the Graphic Arts)からMichael H. Bruno Awardを授与されました。また、Silicon Valley Leadership Groupから2015 Game Changer賞も授与されています。2014年には、印刷業界主要企業の顕著な貢献を表彰する、Epicommの名誉組織であるSoderstrom Societyのメンバーに就任しました。2013年には、Frost & Sullivan Instituteによって「シリコンバレーのレジェンド」(Legend of Silicon Valley)に選出されました。