Scott Schinleverは、EFIのVUTEkスーパーワイドフォーマットプリンター、Rastekワイドフォーマットプリンター、およびインク製品ラインのシニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーを務めています。これらの製品はすべて業界をリードするEFIのインクジェットビジネスに不可欠なものです。Scottは、財務実績、新製品の市場投入、優れた経営の促進、重要な提携の推進、前述の製品ラインにわたるブランド資産の構築に対して責任を負っています。

EFIによるVUTEkの戦略的買収により、2005年にEFIチームに移籍しました。VUTEkは、1988年に創設された、スーパーワイドインクジェットプリンター分野の先駆的企業です。2001年、彼はVUTEkにマーケティング担当バイスプレジデントとして加わり、2005年にEFIのインクビジネスのバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーに昇進しました。続いて、Rastekワイドフォーマット製品ラインを追加で担当することになった後、EFIのVUTEk製品ラインも合わせて担当するシニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーとなりました。

かつては、Xerox Corporationでオフィスシステム多機能部門の戦略的マーケティングのバイスプレジデントを、その前はXeroxの製品マーケティングおよび戦略的プランニングに従事し、責任の拡大と職位の向上を経験してきました。彼は戦略的マーケティングチームを編成して統率し、転換期のXeroxに売上規模30億ドル以上のネットワーク接続型多機能/コピー機製品ラインをもたらしました。また、彼が策定した戦略はXeroxによるTektronixのカラー印刷部門の買収につながりました。

さらに、ベンチャーキャピタルの支援を受けたテレコミュニケーションの新興企業(株式公開済み)に在籍した経験があり、小さなグラフィックソフトウェア会社の設立と経営も行いました。

カリフォルニア大学デービス校で経営経済学の理学士号を、デューク大学で経営学の修士号を取得しています。