Kodak Prinergyワークフローインテグレーション

Fiery Integration with Prinergy
既存のワークフローへの投資を活用して、顧客により良いサービスを提供

ハイブリッドワークフローシステムによって、デジタル印刷と従来の印刷の間の溝を埋めて、顧客のニーズを満たすことができます。

使用開始にあたって

Kodak Prinergy®ワークフローとEFI Fiery®デジタルプリントサーバーの統合には、Kodak Prinergy Digital WorkflowとEFI JDFExpress Ticketsユーティリティソフトウェアが必要です。ご使用を開始するには、Kodakにお問い合わせください。EFI JDFExpress Ticketsは無料でダウンロードできます。

JDFExpress Ticketsのダウンロード



  • JDF/JMFによって、Kodak PrinergyワークフローとFieryサーバーとの双方向の統合を実現できます。  
  • 短時間試運転の迅速化、再印刷時間の短縮、デジタル校正刷りの迅速化、バリアブルデータ印刷など、さまざまな生産用途において容易に柔軟性を拡張できます。

生産プロセスを簡素化


  • 使い慣れたPrinergyユーザーインターフェイスを使用して、Fiery Drivenデジタルプレスの全機能にアクセスできます。1回設定するだけで複雑なジョブを自動化し簡素化できます。
  • Prinergyルールベースオートメーション(RBA)オプションを使用して、複雑なルーチンおよび生産イベントを合理化できます。   

柔軟性の向上による賢明な計画とスケジュール


  • 柔軟性の高いワークフローと、生産ワークフロー全体にわたって統一された制御および明確な可視化によって、ジョブプロファイルに合う適切な印刷機を選択し、簡単にジョブをスケジュールして、あらゆる生産段階のあらゆる生産用途において、最大限に印刷機を利用することができます。
  • EFI Pace、MonarchなどのEFI Print MISソフトウェアと統合して、よりビジネス的な側面に合った計画とスケジューリング、および正確なジョブ原価計算を実現することができます。