Fiery JobFlow

Fiery JobFlow Monitor
自動化のメリット

Fiery® JobFlow™ は、ジョブの準備ステップを自動化して、すぐに印刷できるファイルを作成します。これにより、手動操作と人為ミスを最小限に抑えることができます。

Fiery JobFlow 2.2の新機能

Fiery Software Managerを使用して、Fiery® JobFlowをダウンロードおよびインストールします。Fiery JobFlow Baseは、FS200 Proで実行されている外部Fieryサーバーにプリインストールされています。Fiery JobFlowは、オプションのFiery Productivity Packageにより、多くのFiery組み込み型サーバーでも使用できます(Fieryディーラーに確認してください)。

このアプリケーションはWindowsコンピューターにインストールされ、Fiery JobFlowサーバーとして動作します。インストールに成功したら、デスクトップのショートカットまたはお気に入りのブラウザーからJobFlowにアクセスできます。

オペレーティングシステム
  • Windows 7 Professional SP1 32/64ビット
  • Windows 8、8.1、10 Professional 32/64ビット
ハードウェア要件
  • プロセッサー:3 GHz 以上、32ビット(x86)または64ビット(x64)Core™2Duoプロセッサ
  • メモリ:2 GB RAM(32ビット)/ 4 GB RAM(64ビット)
  • ハードディスクドライブ:500 GB以上
  • 接続:アップデート、ライセンスアクティブ化/非アクティブ化、Eメール通知、ジョブ送信、およびジョブ承認のためのインターネットアクセス
ソフトウェア要件
  • Fiery Command WorkStation® 5.8以上
  • Microsoft® Office®文書の変換のための別の依存:
    • Microsoft Office 2010 SP1
    • Microsoft Office 2013、2016
  • Enfocus PitStop®アクションリストおよびプリフライトプロファイルを作成するための別の依存:
    • Adobe® Acrobat® 10
    • Enfocus PitStop Pro 13.1(Fiery JobFlowに付属)
クライアントアクセスできる対応ウェブブラウザー
  • Windows 7、8、8.1、10 32ビット/64ビットに搭載されたGoogle ChromeおよびMozilla Firefox®
  • Windows 7、8、8.1、10 32ビット/64ビットに搭載されたInternet Explorer® 11以上
  • Mac OS X 10.7、10.8、10.9、10.10および10.11に搭載されたGoogle Chrome、Mozilla FirefoxおよびApple Safari®
対応プリンター

Fiery JobFlowはジョブを、System 9 Release 2以上で実行されているすべての外部サーバーや一部のFiery組み込み型サーバー、およびFiery Central v2.0(以降)プリンターグループに直接送信できます。Fiery Centralがサポートするエンジンの一覧を参照するには、こちらをクリックしてください。