EFI プリンター対応 Fiery proServer

カラー品質と生産性がカギを握る

Fiery® proServer は、生産の効率化を図るだけでなく、一貫した印刷品質と正確なカラー再現を実現します。複雑なファイルでも短時間で処理するパワーとテクノロジーを備えています。

FAST RIP (Fiery Accelerated System Technology) は、EFI が開発した Fiery proServer 専用のソリューションです。FAST RIP は、最大で従来の 7 倍の速度で PDF ファイルを処理します。

EFI Fiery proServer FAST RIP
図1:Fiery proServer Version 6におけるファイル1個の処理スピードは、Fiery proServerバージョン5の最大7倍

EFI Fiery proServer FAST RIP
図2:ジョブの同時処理により作業負荷が高い場合でも、高速処理を実行。Fiery proServer Version 6は、従来の最大6倍のスピードで複数ファイルを処理します。




同じ3m(10フィート)と5m(16フィート)のベンチマークファイルを使用し、既存のRIPとFiery proServer Version 6を比較し、高性能EFI Fiery proServerのスピードを体感してください。ダウンロードした「Benchmark_Environment.xfe」ファイルを実行し、まったく同じ設定で処理します。

この10フィート(3 m)のテストページは、EFI VUTEk GSシリーズの1000 dpi設定、高品質エラー拡散(SE1)、スクリーニングとRIPフル解像度で処理を行います。Fiery proServerバージョン6では、このバナーを単一ジョブとして処理するのに1分21秒しかかかりませんでした。4回の並行印刷では、Fiery proServerバージョン6は4分6秒でタスクを完了させます。ダウンロードした「Benchmark_Environment.xfe」ファイルを実行し、まったく同じ設定で処理します。

16フィートパフォーマンステストをダウンロード

この16フィート(5 m)のテストページを、EFI VUTEk GSシリーズの1000 dpi設定、高品質エラー拡散(SE1)、スクリーニングとRIPフル解像度で処理します。Fiery proServerバージョン6では、このバナーを単一ジョブとして処理するのに3分30秒しかかかりませんでした。4回の並行印刷では、Fiery proServerバージョン6は13分でタスクを完了させます。ダウンロードした「Benchmark_Environment.xfe」ファイルを実行し、まったく同じ設定で処理します。