Jeff Jacobsonは、産業テクノロジーと画像の分野で、30年以上にわたるグローバルな経験を持ち、最近では企業価値100億ドルのテクノロジーリーダーであるXeroxコーポレーションの最高経営責任者を務めました。Jeffは自身のキャリアを通じて、カスタマーの生産性の向上と業務の強化を支援するという継続的なコミットメントを示してきました。Xeroxの最高経営責任者として、会社の営業利益率とキャッシュフローを大幅に向上すると同時に、100年以上にわたるXerox史上最大の製品の立ち上げを監督し、クラス最高の顧客サービスを提供し、イノベーションを推進して戦略的変革を導きました。

前職であるXerox Technologyビジネスの社長として、Jeffは中小企業から多国籍企業に至るまで、ハードウェア、ソフトウェア、そしてビジネスサービスの多様なポートフォリオをカスタマーに提供するテクノロジー部門を率いていました。世界規模の戦略、販売チャンネルの運用、マーケティング、技術サービスとカスタマーサポート、製品開発、製造、流通を担当しました。  この役職に就く前、JeffはXeroxのGlobal Graphic Communicationsの社長を務めていました。

Xerox以前は、Presstekの会長、社長、そして最高経営責任者を務めました。過去には、Eastman Kodak Companyの36億ドルのグラフィックコミュニケーショングループの最高執行責任者でした。また、San ChemicalとEastman Kodakの17億ドルの合弁会社であるKodak Polychromeの最高経営責任者を5年間務めました。Kodak Polychromeの最高経営責任者として、Jeffとチームは大規模な立て直しを実施し、その結果として会社が買収された際、約3倍の株主資本利益率を達成しました。

Jeffはニューヨーク州立大学バッファロー校を卒業して経営学士号を、コーネル大学組織人材戦略学部にて労使学修士号を取得しています。また、ペース大学エリザベス・ハウ・ロースクールでは法学博士号を取得し、ニューヨークとニュージャージー州の弁護士資格を保持しています。

Jeffは以前、Xerox、Presstek、富士ゼロックスの取締役を務めました。