Ken Hanulecは印刷業界のベテランマーケターで、グラフィックアートの分野で25年以上のキャリアを持ち、主要なデジタル印刷テクノロジーの採用で業界の発展に貢献してきました。 ワールドワイドコーポレートマーケティング担当バイスプレゼントとして、 デジタルプリントと統合自動化された生産ワークフローで顧客の成長を支援するEFIのグローバルイニシアティブを担当しています。 また、EFIのディスプレイグラフィックス事業のマーケティング担当バイスプレジデントとしてグローバルマーケティングを担当し、ワイドフォーマットおよびスーパーワイドフォーマットのインクジェットテクノロジーの製品管理スタッフを率いています。また、国際サイン協会のサプライヤー/ディストリビューター協議会の運営委員会の委員も務めています。 

2011年にEFIに入社する直前は、デジタルプリントオンデマンドプロバイダーであるHubcast(現在はMimeoの一部)のグローバルオペレーション担当バイスプレジデントを務めていました。1991年にデジタル印刷テクノロジーの営業とマーケティングの世界に入った後、Linotype-Hell社とMitsubishi Imaging社でそれぞれ顧客教育、製品管理、営業職を経験しました。1995年に営業職としてCreo(現在はKodakの一部)に入社し、その後、Creoのマーケティング担当バイスプレジデントに昇進しました。ニューヨーク州立大学オスウィゴ (Oswego) 校の卒業生であるKenは、EFIのニューハンプシャー州マンチェスターにあるディスプレイグラフィックス施設を拠点として活動しています。