Fiery Command WorkStation 6 カット紙プリンターをお使いの場合

生産性を向上させるインターフェイス

プリントジョブ管理を一元管理 ― 全てのFiery® サーバーを制御して運用を効率化し、生産性を向上させます。  

フリーダウンロード – バージョン6.3 
新機能について

現在使用しているFieryサーバーはサポートされていますか?

バージョン6は、Fiery System 10/10e以降のソフトウェアを搭載したカット紙プリンター向けのFieryサーバーをサポートしています。使用しているFieryサーバーに適したFiery Command WorkStation®のバージョンを確認してください。

同じFiery Command WorkStationを、 ワイドフォーマットおよびスーパーワイドフォーマットプリンターで使用する方法を説明します。                     

カット紙プリンター向けのFieryメイクレディ製品の新機能リストについては、Fiery ImposeFiery JobMasterおよびFiery Graphic Arts, Premium EditionのWebページを参照してください。詳細については、新機能ガイドを参照してください。

 

 アーカイブマネージャーCWS6.2

主な機能 - 6.3の新機能
  • ネイティブ64ビットアプリケーション
  • 高解像度モニターのサポートニターのサポート
  • Fiery Color Profiler Suite 5.1に対応
  • Fiery JobFlow™ 2.5に対応
バージョン6.3のすべての新機能を紹介します
 
 サムネイルビューCWS 6.2

サムネイルビュー
最初のページのプレビューですべてのジョブを目で確認し、次のことが行えます。
  • ジョブをすばやく探す
  • リストビューと同じ列でジョブをソート
  • マウスをかざすだけで詳しいジョブ情報を表示
  • ショートカットキーを使用し複数のジョブを選択
動画を見る
 
 アーカイブマネージャーCWS6.2  
アーカイブマネージャー
Fieryサーバーからネットワークストレージへ、アーカイブジョブを簡単に移行
  • Fieryサーバーからジョブを個別にアーカイブ
  • アーカイブフォルダーをネットワーク、クラウド、使用しているコンピューター上にセットアップ
  • すべてのアーカイブジョブを一つのビューで一覧表示し、すべてのFieryサーバー上で簡単に共有
  • Fieryサーバーのアップグレードやリロード後でも、保存したアーカイブジョブに高速でアクセス
概要および移行に関するビデオを見る


 

ジョブ検索、カスタムフィルター、カスタムビュー
ジョブ検索を効率化し、すばやい対応を可能にします。基本検索と詳細検索の両方の検索ツールを利用して、カスタムビューやカスタムフィルターを作成すれば、印刷業務の優先付けや計画に役立ちます。

動画を見る


 

インライン編集 
ジョブのプロパティを開かずに主要なジョブ設定を変更できます。編集の速度と精度を向上させるため、この機能はジョブ概要ペインに移動しました。

動画を見る


 

デフォルト設定
 
システム管理者はデフォルト設定を簡単に変更できるうえ、標準的な印刷の必要条件を満たすためにすべてのジョブで使用される設定の一貫性を保つことができます。

動画を見る


 

ジョブのプロパティのカラー設定 
カラータブを改善し、他のウインドウを開かずにすばやく設定ができるよう、カラー設定のすべてを1画面で見ることができるようになりました。

動画を見る


 



ホームビュー
この新しいインターフェイスにより、複数のプリンターを使用している環境で、すべてのプリンターを単一のビューから監視することが可能になりました。プリンターの現在の状態を詳しく把握するために、接続されたすべてのFieryサーバーの状況を一目で確認できます。前週の印刷プロダクションに関する主要な統計データを簡単に把握することもできます。



 

Fieryアップデート

Command WorkStationは、承認されてリリースされたFieryシステムのソフトウェアアップデートの通知やダウンロード、インストールをより簡単に取得できる方法をシステム管理者に提供します。リモートのクライアントコンピューターからでもアップデートを実行できるので、インターネットに接続されていないサーバーでもアップデートできます。



 
CWS 5.7の新機能

統合を強化 
Fiery JDF 1.6では、EFIプロダクティビティソフトウェアとの統合ワークフローに各種の強化が行われたほか、各社でのカスタム統合も可能になりました。

詳細については、Fiery JDFFiery APIのWebページをご覧ください