Ausjetechの統合

プリプレスから仕上げまでのステップを自動化することで、ターンアラウンドタイムを削減
Fiery DrivenプリントエンジンとAusjetech製フィニッシャーを使用すると、設定時間を最大70%短縮し、より収益性の高い仕事を生み出すことができます。
  • 概要
EFIとAusjetechは、Fiery DrivenプリントエンジンおよびFieryワークフローソフトウェアと、Ausjetechフィニッシャー(8335BSCおよび8336BSC)間の時間節約のための統合を開発するために協力しました。

名刺やはがきのような最も一般的なジョブのために、AusjetechはFiery Imposeで使用できるように、Ausjetech 8335BSCとAusjetech 8336BSCの2種類のフィニッシャーの仕上げテンプレートと一致するインポジションテンプレートを提供します。仕上げテンプレートには、余白とガターのサイズ、仕上げサイズの寸法があらかじめ設定されています。テンプレートにはバーコードとトンボが使用されているため、Ausjetechのフィニッシャーは自動的に調整することができます。 

リソース