Duploの統合

プリプレスから仕上げまでのステップを自動化することで、ターンアラウンドタイムを削減
Fiery DrivenプリントエンジンとさまざまなDuplo製フィニッシャーを使用すると、設定時間を最大70%短縮し、より収益性の高い仕事を生み出すことができます。


DC-618/DC-646/DC-746

 

Duplo DC-618スリッター/カッター/クリーサーDuplo DC-646スリッター/カッター/クリーサー

Fiery Drivenの印刷環境では、Fiery Imposeを使ってジョブの準備を自動化できるので、データの手入力が不要になり、設定にかかる時間を最大70%短縮できることがわかっています。Fiery Imposeを統合したDuplo製スリッター/カッター/クリーサー製品なら、通常のレイアウトジョブとカスタムレイアウトジョブのどちらにも対応できるワークフローを使って時間を節約できます。

名刺やはがきのようなきわめて一般的なジョブ用に、DuploはFiery Imposeで使用できる面付けテンプレートを提供しています。このテンプレートは、Duplo DC-618DC-646DC-746のスリッター/カッター/クリーサーの仕上げテンプレートと一致します。仕上げテンプレートには、マージンとガターのサイズ、仕上げサイズの寸法があらかじめ設定されています。テンプレートにはバーコードとトンボが使用されているため、スリッター/カッター/クリーサーが自動的に調整することができます。

Duplo DC-646またはDC-746を使用したカスタムレイアウトジョブの場合、ユーザーがDuplo PCコントローラーで新しいレイアウトファイルを作成してFiery Imposeにインポートすると、すぐに仕上げ線の画像プレビューを表示できるので、印刷前にジョブのデザインを確認できます。また、レイアウトデータをFiery Imposeテンプレートとして保存しておけば、Fiery Hot FoldersFiery PresetsFiery JobFlow仮想プリンターなどのワンステップの自動ワークフローを使って同種のジョブを自動化することもできます。このため、設定作業の人的エラーの予防だけでなく、納期の短縮にも役立ちます。

Duplo DC-618を使用したカスタムレイアウトジョブの場合、ユーザーはカット、折り目、ミシン目の仕上げマークを含む面付けレイアウトをFiery Impose内だけで簡単に設定でき、今まで以上に時間を節約できます。仕上げの高度な統合により、Duploコントローラーで仕上げレイアウトを設定してImposeにインポートするという作業が不要になります。DC-618の設定オプションと制限の情報が、Fiery Imposeに組み込まれるのです。このようなワークフローにより、プロダクションの納期を短縮し、同時にオペレーターのタッチポイントやレイアウトの互換性のエラーを削減できます。


利点

  • 手作業を排し、ボトルネックを解消
  • 制作ワークフローの効率化
  • 印刷前に仕上げ線のプレビューを確認し、エラーを予防

  • リソース

  • ハウツーガイド:Duplo製フィニッシャーによるオフライン仕上げを自動化する
  • エクスプレスビデオ(パート1):定義済みテンプレートを使用して、多くの通常ジョブを自動化する
  • エクスプレスビデオ(パート2):カスタムレイアウトを作成して、クーポンジョブを自動化する
  • デモ動画:Duplo DC-618用に仕上げマーク付きのカスタム面付けレイアウトを作成する(英語のみ)