Duploの統合

プリプレスから仕上げまでのステップを自動化することで、ターンアラウンドタイムを削減
Fiery DrivenプリントエンジンとさまざまなDuplo製フィニッシャーを使用すると、設定時間を最大70%短縮し、より収益性の高い仕事を生み出すことができます。

DDC-810

 

Duplo DC-646スリッター/カッター/クリーサー

Fiery JobFlowにより、Duplo DDC-810厚盛スポットUVコーターにデジタル装飾のためのエンドツーエンドの自動ワークフローが実現します。CMYKファイルの作成、スポットUVファイルの作成、ページの面付け、トンボの適用、バーコードの適用のほか、Fiery Driven™プリンターとDDC-810のそれぞれにCMYKファイルとスポットUVファイルを送信する作業のすべてを、1ステップで自動的に処理できます。 また、既存のDuplo製品と同様バーコードにも対応しているので、Duploのスリッター/カッター/クリーサー(DC-746またはDC-646)を使った追加の仕上げ作業も可能です。さらに、Fiery Imposeソフトウェアにより生成されるバーコードを使って設定を自動化すれば、印刷業者がフィニッシャーの設定にかけていた時間を最大70%削減できる可能性があります。   

メリット

  • プリプレス工程の合理化、人件費の削減
  • 複雑ながら高い価値をもたらすジョブを効率的に処理できるようになり、利益が拡大
  • 手作業を排し、ボトルネックを解消

  • リソース

  • 概要ビデオ:Duplo DDC-810をFiery JobFlowと統合する