デジタル印刷プレス環境でFieryサーバーを使用すると、画像とカラーの品質に加えて生産性も向上します。PaperCut MFまたはNGでプロダクション印刷を管理すると、FieryカスタマーがFiery追跡およびレポート機能を利用してコストを割り振ることができます。システム管理者が不要な印刷を制限し、Fiery関連コストの回収を可能にする積極的なユーザー行動を促すことができるようになりました。

ほとんどのプリンターとは異なり、Fieryサーバーまたはコントローラーと接続されているデバイスでは、PaperCutでプリントサーバー上のジョブを分析した後で、ジョブの待機と再印刷および印刷ジョブ設定の管理を行えます。

FieryサーバーPaperCutのサポートを有効にする

PaperCutをFieryデジタルプリントサーバーと統合させるには、Fieryサーバーの設定が必要です。詳しくは、リソースタブをご覧ください。ジョブ追跡の詳細についてはこちらを、PaperCut製品の詳細についてはこちらを、それぞれ参照してください。